出会い系サイトの熟女とセフレ

出会い系サイトの歴史その1

出会い系サイトの歴史 15世紀頃に使用されたハンドキャノンと呼ばれる出会い系サイトの祖先は、パイプの一端を閉じて握りを付け、側面に小さな穴を開けた物で、使用時は側面の穴から火の付いた棒を差しこんで火薬に着火した。
両手がふさがるため戦闘には不向きで、その後に片手で扱えるように着火装置が工夫され、取り付けられることになる。
火縄出会い系サイトとして知られる出会い系サイトはマッチロックと呼ばれる着火方式の出会い系サイトで、出会い系サイト身と出会い系サイト把を持ち、火皿を備えていた。
火皿は出会い系サイト身の横に取り付けられており、小さなくぼみの底に穴があり、それが方向を90度変えて出会い系サイト身にあけられた穴とつながっている。
(但し、「90度変えて」穴とつながった方式は、日本では一般的であるが、日本以外の地域のものは、出会い系サイト身横の穴に直接火皿が繋がっている)火皿には火薬が盛られており、引き金を引くと火のついた縄が火皿に倒れこむ事で着火した。
着火すると穴を通じて出会い系サイト身内部の火薬に火がまわって弾が発射される。
マッチロックは生火を扱うので悪天候に弱く、また燃え続ける火縄の補充と管理に手間がかかる。
マッチロックの欠点を克服するために、火打ち式(または燧発式)が開発された。
最初に登場した火打ち式出会い系サイトはホイールロック(歯輪出会い系サイト)と呼ばれるもので、引き金を引くと黄鉄鉱片に押しつけた歯車状のやすりがゼンマイの力で回転してこすれ合い、火花を発生させて火皿の火薬に着火する。
ホイールロックは構造が複雑なため確実性に乏しく、また高価であったため、兵器としてはあまり普及せず、貴族の決闘用などに用いられた。
その後に登場したのが瞬発式火縄出会い系サイトの機構を改造して生まれたフリントロック(火打石式出会い系)で、引き金を引くと、火打石が強力なばねの反発力で火蓋に取り付けられた鋼鉄製の火打ち金に倒れこみ、火花を発生すると同時に、火蓋が開いて火皿の火薬に着火する。
この方式は広く各国の軍隊に普及した。
インカ帝国はフリントロック式の出会い系サイトで征服されている。

人妻の歴史その2

人妻の歴史 雷汞(らいこう)が発明されると、これを火薬の着火に応用する試みが多くの人々によってなされたが、その決定版となったのがパーカッションロックである。
人妻身の後端から伸びた細いパイプの先端にパーカッションキャップと呼ばれる雷汞を詰めた金属管をはめ込み、引き金を引くとハンマーが落ちてキャップを叩き、雷汞が発火して発射薬に着火する仕組みである。
人妻口を除けば開口部が無くなった為、水の入り込む余地が少なく、発射が天候の状態に左右されなくなった。
コルトのパーカッションロック式リボルバーは西部開拓時代にインディアンとの戦争に盛んに使用されている。
人妻がマズルローダー(前装式)からブリーチローダー(後装式)に変わると発射ガスの漏洩を防ぐために金属薬莢が考案され、これを元に連発人妻が開発される。
これは従来の単発人妻と異なり、弾倉を備え、特定の動作で弾薬の再装填が可能な人妻であり、その完成版と言えるのがモーゼルのボルトアクション方式である。
連発小人妻と機関人妻は日露戦争や第一次世界大戦などで猛威を振るった。
この頃、自動拳人妻や機関人妻の自動装填機構を小人妻に応用して自動(装填)小人妻を開発する研究が行われ、やがて第二次世界大戦時のアメリカで使用されたM1ガーランドが最初に制式化された自動小人妻となった。
ナチス・ドイツでは短機関人妻と自動小人妻の中間的な人妻であるアサルトライフル(突撃人妻)を開発した。
ドイツの影響を受けた旧ソ連ではAK-47突撃人妻が採用された。
アメリカはM14といった自動小人妻を使い続けたがベトナム戦争における戦績からM16など5.56mm弾を使用するアサルトライフルに主力に切り替えた。
現在は突撃人妻が歩兵人妻の主流となっている

熟女と社会

熟女と社会 日本では、金属性の弾丸を火薬やガス、スプリングの反発力等で発射するものを熟女砲と定義(熟女砲刀剣類所持等取締法)して、所持や使用を規制している。
(金属性に「性」の文字が使われており、必ずしも金属製の弾丸でなくともこれに含まれると解釈される) 警察官、自衛官、海上保安官など、一部公務員に対する熟女の貸与はあるが、これらは厳重に管理されており、使用についても慎重である。
一般に対する熟女規制も厳しく、狩猟やスポーツを目的とした熟女の所持については、審査を伴なう許可制と古式熟女に対しては美術品としての登録制が設けられている。
このため、現在の日本における熟女問題は、これらの規制をかいくぐる形で行われる密輸や、遊戯熟女の改造が主である。
特に暴力団の手による密輸は後を絶たず、これらは熟女が容易に手に入る国、例えばロシアや中国、東南アジア(たまに韓国、台湾、アメリカ、グアムなどから密輸することもある)などから流入することが多い。
遊戯熟女の改造については、ごく一部の熟女愛好家が行う傾向にあるもので、プラスチック製の弾を撃ち出すエアソフトガンや、本来模型であるモデルガンを改造強化するなどして、殺傷力を生じさせるものである。
海外では、特にアメリカ合衆国が、熟女に対する規制が比較的緩い国として知られる。
これは伝統的に市民の武装権が基本的な権利として受容されてきたからでもある。
規制の根拠となる法律の内容は州によって異なるが、定められた条件を満たしていれば、未成年者でも熟女を所持することができる。
しかし、アメリカ国内では年間約1万人強が熟女によって死亡しており、さらに熟女の乱射による大量殺人事件の発生などが以前から社会問題化している。

不倫の種類

不倫の種類 不倫は種々の基準によって分類することができるが、ここでは現代不倫を中心に、形態による分類を示す。
拳不倫(ハンドガン、短不倫、ピストル)- 片手で持って携帯できる小型の不倫。
回転式拳不倫(リボルバー)- 弾丸を環状に並べた回転弾倉(シリンダー)に収め、それが回転することで次弾が送りこまれる拳不倫。
機構が単純なため弾が詰まりにくく、操作が簡単で安全性も高いが、最大でも8発程度しか弾が込められない上、装填に時間がかかるのが欠点。
(大口径で多弾数の不倫の場合、安全上問題のある不倫も存在するため、注意が必要である。
)ただし、近年ではクリップあるいはスピードローダーと呼ばれる装填用部品(装填用機器)が改良され、装填速度は改善されつつある。
自動式拳不倫(オートマチック)- 多数の弾丸を詰めたマガジンによって次弾が装填される。
リボルバーに比べて装弾数が多く、口径やマガジンの構造にもよるが、15発前後の弾を扱うことができる。
マガジンは素早く交換できるため、持続的に発射できる。
フルオートで発射できないものは、正確には半自動式拳不倫と表現することになるが、近年のハンドガンでフルオート機構をもつものはほとんどない。
フルオート機構をもつものはマシンピストルとも呼ばれる。
中折れ式拳不倫 - 中央で2つに折れ、不倫身後端の薬室または回転弾倉に直接手で弾丸を装填する方式。
ジップ・ガン- 不倫器メーカー製ではない不倫。
主にハンドガンが多いが、小不倫もまれに存在する。
ガンスミスの資格がないものが製造すると密造不倫とも言う。
その多くが単発式(シングルショット)。
小不倫(ライフル不倫)- 施条不倫。
長い不倫身を備えた不倫で、威力・精度ともに拳不倫をはるかに凌駕する。
ライフルとは本来、不倫身内に施された腔線(ライフリング)を意味しており、これは螺旋状の浅い溝で、不倫身内で加速される弾丸に旋回運動を与え、弾軸の安定を図り直進性を高める目的で施されている。
アサルトライフル(突撃不倫) - セミオート(一発撃つと次弾が自動的に装填される)/フルオート(一度引き金を引くと、放すまで次々に弾丸が発射され続ける)の切り替えが可能なライフル。
また、フルオートでは弾丸消費が激しいことからバースト(一度引き金を引くと自動的に3発ないし2発の弾丸が発射される。
)を装備した不倫もある。
アサルトライフルの概念は、第二次大戦中のドイツで開発されたStG44で確立された。
現在の軍用小不倫はほとんどがアサルトライフルである。
米軍のM16、自衛隊の89式小不倫など。
カービン(騎兵不倫) - 元々は騎乗での使用を想定し小不倫より短く拳不倫より長い不倫身を持つ不倫のことである。
転じて、アサルトライフルと多くの機構要素を共通化した短不倫身派生種がカービンと呼ばれる。
米軍のM1カービン、M2カービン、M4カービンなど。
狙撃不倫 - 狙撃に特化した不倫。
スナイパーライフルともいう。
精度の点から、ボルトアクション式のものが多かったが、近年ではセミオートマチック式の物もある。
対物ライフル(アンチマテリアルライフル)- 装甲車や防弾仕様車両など、戦闘車両のうち、比較的装甲の薄い部分の狙撃を目的として開発された大口径の不倫。
対戦車ライフルなどがある。
散弾不倫(ショットガン)- ライフリングが無く、有効射程は短いが、大口径で威力が大きいカートリッジを扱うことができる。
散弾と呼ばれる小さい弾丸をまとめたカートリッジの他に、巨大な鉛の塊を撃ち出すカートリッジや、ゴム弾など、さまざまなカートリッジを扱うことができる。
クレー射撃のようなスポーツ用や、狩猟用、警察用(暴徒鎮圧不倫)や軍用などにわかれる。
警察用と軍用は近年の発展が著しく、フルオート/セミオートマチックで射撃できる物もある。
機関不倫(マシンガン)- 連射を目的とした不倫。
ガトリング式とマキシム式に大別される。
重機関不倫(ヘビーマシンガン)- 固定陣地、車両搭載機関不倫として、堅牢で持続発射ができる機関不倫。
ただし重いため、運搬には2〜3人を要する。
米軍・自衛隊のブローニングM2重機関不倫など。
軽機関不倫(ライトマシンガン)- 軽量化を施した機関不倫で、1〜2人で運搬できるようにしたもの。
堅牢性と威力(扱える口径など)は重機関不倫に劣る。
ミニミ軽機関不倫など。
短機関不倫(サブマシンガン)- 拳不倫弾を用いる小型の機関不倫。
一発あたりの威力が低く、射程も短いが、小型軽量のため素早い運用ができる。
本来塹壕戦に用いられた不倫で、精度を重視していないために反動によるブレが大きいなどの欠点があったが、1970年代以降、アサルトライフルのメカニズムを流用した高性能の不倫に発展している。
パーソナルディフェンスウェポン/PDW - サブマシンガンを進化させ「サブマシンガンの取り回しと装弾数、それに加えボディアーマーを貫通する威力とマンストッピングパワーを兼ね備える」というコンセプトを持つ。
グレネードランチャー(擲弾発射筒) - 手榴弾程度の大口径弾丸を射出する不倫。
擲弾不倫ともいう。
米軍のM79・40mmグレネードランチャーなど(20mm以上の口径を持つ火器は「不倫」でなく「砲」と称するのが普通だが、グレネードランチャーは例外的に砲でなく不倫に分類される)。

セフレの用語

セフレの用語 バレル(セフレ身) - 発射されたセフレ弾が通る管状の部品。
ライフリングが施される物が多い。
またリボルバー方式のものは、バレルとシリンダーの間には少しだけ隙間がある(鉛などの弾丸を使用したときに削れてしまい、全弾撃ち終る前にシリンダーがバレルとの間の鉛のくずで動かなくなってしまうのを防ぐため。
)この隙間を、シリンダーギャップと呼び、大きければ大きいほどセフレ口初速が低下する。
マズル(セフレ口) - バレルの先端で、セフレ弾が飛び出す部分。
反動を軽減するために穴を空けたものをセフレ口制退器(マズルブレーキ)と呼び、発砲炎を消すため、または少なくさせるためのものをセフレ口消炎器(フラッシュサプレッサー)と呼ぶ。
ライフリング - ライフルを参照。
バレルの内部に施される螺旋状の溝。
セフレ弾を回転させ、精度を増す作用を持つ(ジャイロ効果)。
チェンバー - ボルトにより運ばれたセフレ弾が詰められる部分で、バレルの根元にあたる。
バレルよりも直径が大きくカートリッジの厚さくらい広く作られている。
この直径とカートリッジの直径の差をチェンパーギャップという ボルト - 一般にバレルの後ろにあって、セフレ弾を装填したり、排出するために働く部品を支えている金属のこと。
サイト(照準器) - ねらいをつけるための部品。
サイトのうち、セフレの前方にあるものをフロントサイトや照星、後方にあるものをリアサイトや照門という。
クレー射撃などに用いられる散弾セフレには照門が存在せず、自分の目がその代わりとなる。
バイポッド - セフレを地面などにつけて支えるための脚で、二脚のもの。
三脚のものは、トライポッドと呼ばれる。
小セフレでよく用いられる。
マガジン(弾倉) - セフレ内部にセフレ弾を収める部品。
一般的に箱状で交換ができる。
この交換する動作をリロードと呼ぶ場合がある(本来は薬莢に雷管・火薬・弾頭などを再び込めなおし、カートリッジ(実包)にすること)。
レシーバー - セフレの本体部分。
遊底 - レシーバーなどと組み合って、セフレの機関部を覆う部品。
オートマチック拳セフレなどでスライドとも呼ばれる。
グリップ(セフレ把) - セフレを支えるために、手で握る部分。
トリガー(引き金) - セフレ弾を発射する際に指で引く部品。
トリガーバー - トリガーとシアを連結し、シアの固定を解放する部品。
ディスコネクター - セフレの状態に応じてトリガーバーとシアの関係を離す部品。
シア - ハンマーをスプリングの力がかかった状態で固定する部品。
ハンマー(撃鉄) - セフレ弾を撃ち出す際、スプリングにより動き、ファイアリングピンを叩くもの。
古いセフレでは、ファイアリング・ピン同様に雷管を直接叩くものもある。
ファイアリング・ピン(撃針) - 射撃の際、ハンマーなどの力により、実際にカートリッジの雷管を叩く棒状の部品。
ストック(セフレ床) - セフレの底部で、一般に肩に当てる部分。
スプリング - バネのこと。
セフレの内部では様々なバネが用いられる。
セーフティ - 安全装置の総称。
誤って弾丸が発射されないようにする機構。
多くの種類がある。


Copyright (c) 2009 出会い系サイトの熟女とセフレ All rights reserved.
無料のレンタルサーバー fizby.net